ADVENTUREプロジェクト ADVENTUREプロジェクト  
Japanese
English
arrow リンク arrow サイトマップ
ホーム > 適用事例 > 上級者セミナー
adv-kun FREEADVENTUREダウンロード
プロジェクト
出版物
ソフトウェア
アライアンス
連携研究プロジェクト
適用事例
> 解析事例
> 講習会
> 第11回セミナー
> 第10回セミナー
> 第9回セミナー
> 第8回セミナー
> 第7回セミナー
> 第6回セミナー
> 第5回セミナー
> 第4回セミナー
> 第3回セミナー
> 第2回セミナー
> 第1回セミナー
> シンポジウム
問い合わせ

DOWNLOAD

Pantheon mesh

第5回ADVENTURE定期セミナー:

開催趣旨

ADVENTUREプロジェクト は、ライセンスフリーかつオープンソースの大規模並 列CAEシステムADVENTUREの保守・開発・無料公開を行っている産学連携プロジェクトです。

E-mail :
URL : http://adventure.q.t.u-tokyo.ac.jp/jp/

ADVENTUREシステムは、2002年3月のVer.1の公開以来、2006年12月までの登録ユーザー総数は3,631名、ダウンロードされたモジュール総数は20,451本に達し、産業界や大学等、各種計算科学プロジェクトでの利用事例も増え、急速に社会に浸透が進んでいます。

ADVENTUREプロジェクトでは2005年3月15日よりほぼ6ヶ月に一回定期セミナーを開催しており、今回が第5回目となります。今回は最も新しいモジュールADVENTURE_sFlowの紹介、ADVENTURE on Windowsの紹介に加えADVENTURE_Solidの導入事例を含めた有料セミナーを企画致しました。

sFlowは定常非圧縮性流体解析コードでADVENTURE_Visualによる可視化が可能となっております。理論と概要について九州大学の金山先生に解説して頂きます。またsFlow解析のデモを通して実際の操作方法について、インサイトの三好社長より解説します。On Windowsは2007年2月末リリースするVer.0.2bの応力解析機能概要と実際の使用方法について内圧を負荷した解析等のデモを通して、インサイトの三好社長がご説明致します。

また、今回はADVENTURE_Solidを実際に導入された企業である九州電技開発株式会社の尾崎様に導入の経験についてご講演頂けることになりましたので、皆様奮ってご参加下さい。

(ADVENTURE on Windows Ver. 0.2bにつきましては、ノートPCの持込を可能としますが、セミナーの場での動作保証は致しません。演習ではなくあくまでデモという形で実施し、ノートPCを持参されない方が困るような説明の仕方は致しません。インストールと動作につきましては、基本的に事前にお問い合わせ頂きたいと思います。また電源につきましては、会場の電源容量が少ないため、バッテリーでのご使用をお願い致します。)

開催要項

日時:
2007年3月27日(火) 10:00 - 17:30

場所:
東京大学工学部8号館講義室 部屋番号81番
(東京都文京区本郷7-3-1 )

共催:
ADVENTUREプロジェクト (http://adventure.q.t.u-tokyo.ac.jp)
日本計算力学連合(JACM) (http://www.mech.titech.ac.jp/~ryuutai/jacmjp.html)
株式会社インサイト (http://www.meshman.jp/)

参加資格:
どなたでも参加できます。日本計算力学連合の会員、非会員の区別はありません。

受講料:
20,000円 (一般)
5,000円 (学割)

申込方法:
締め切り:
定員30名になり次第

申 込 先:
下記のフォームに必要事項を記入の上、ADVENTURE定期セミナー事務局(株式会社インサイト内)まで,
メールでお申し込み下さい.

宛先 :


件名:
「第5回ADVENTURE定期セミナー」参加申し込み

本文:
Subject : 「第5回ADVENTURE定期セミナー」参加申し込み
+++++++++++++++++< 参加申し込みフォーム ここから >++++++++++++++++
ふりがな:
氏 名:
所属機関:
所属部署:
役 職:
所 在 地:〒
E-mail :
電話番号:
今後の案内メール:
(a)定期セミナーのみ希望
(b)ADVENTURE全般について希望
(c)希望しない
+++++++++++++++++< 参加申し込みフォーム ここまで >++++++++++++++++
(記入頂いた個人情報はセミナーの運営管理とアフターフォロー、次回以降の
ご案内以外の目的で使用することはありません)

プログラム

-------------------------------------------------------------------
プログラム:
-------------------------------------------------------------------
I. 10:00-10:10 開会の挨拶
ADVENTUREプロジェクトリーダー
東京大学工学系研究科 教授 吉村 忍

II. 10:10-11:30 ADVENTURE on Windows Ver. 0.2bの概要と実際
株式会社インサイト 代表取締役 三好 昭生

11:30-12:30 昼食

IV. 12:30-13:20 ADVENTURE_sFlowの概要
九州大学工学研究院 教授 金山 寛

V. 13:20-14:35 ADVENTURE_sFlowの実際
株式会社インサイト 代表取締役 三好 昭生

14:35-14:55 休憩

V. 14:55-16:35 ADVENTURE_Solid導入事例紹介
九州電技開発株式会社 電力技術部 課長 尾崎 利行

VI. 16:35-17:25 ADVENTUREの他のモジュールの近況
ADVENTUREプロジェクトリーダー  吉村 忍

VII. 17:25-17:30 閉会の挨拶
東京大学工学系研究科 教授 吉村 忍

-------------------------------------------------------------------



| プロジェクト | 出版物 | ソフトウェア | アライアンス | 共同研究 | 適用事例 | 問い合わせ |

Copyright © 1997-2004 ADVENTURE Project, All rights reserved.