ADVENTUREプロジェクト ADVENTUREプロジェクト  
Japanese
English
arrow リンク arrow サイトマップ
ホーム > 適用事例 > シンポジウム
adv-kun FREEADVENTUREダウンロード
プロジェクト
出版物
ソフトウェア
アライアンス
連携研究プロジェクト
適用事例
> 解析事例
> 講習会
> シンポジウム
> 10周年記念
問い合わせ

DOWNLOAD

Pantheon mesh

ADVENTUREプロジェクト10周年記念シンポジウム
- 21世紀の大規模並列CAEソフトのスタンダードを目指して -

ADVENTUREプロジェクト10周年記念シンポジウム - 21世紀の大規模並列CAEソフトのスタンダードを目指して - を2007年10月24日(水)に開催いたします。

開催趣旨

ADVENTUREプロジェクト は、ライセンスフリーかつオープンソースの大規模並列CAEシステムADVENTUREの保守・開発・無料公開を行っている産学連携プロジェクトです。

E-mail :
URL : http://adventure.q.t.u-tokyo.ac.jp/jp/

地球環境問題、地震などの自然災害、巨大人工物の事故、福祉向上に役立つ独創的な人工物の設計など、人類の直面する課題は大規模化・複雑化の一途をたどっています。このような課題を正確に理解し、適切に対処していくためには、自然や人工物の振る舞いを定量的に予測する計算機シミュレーションの精度と速度を飛躍的に向上させることが効果的です。

このような観点のもとに、1997年8月より日本学術振興会未来開拓学術研究推進事業「計算科学」分野の1プロジェクトとしてスタートしたADVENTUREプロジェクトも10周年を迎えました。未来開拓が終了した2002年4月以降も、オープンソースソフトウエア開発のための自主独立の産学連携プロジェクトへと形態を変えながらも、21世紀の大規模並列CAEソフトウエアのスタンダードを目指して汎用並列計算力学システムADVENTUREの研究開発を行ってきました。

本シンポジウムでは、ADVENTUREプロジェクトのこれまで10年間の歩みと今後の展望、ADVENTUREシステムの最新研究開発状況を紹介します。また、ADVENTUREをベースとして開発され、IEEE/ACM SC2006においてゴードンベル賞ファイナリストとなった商用システムADVCに関する特別講演をはじめ、様々な産業応用の状況についてもご紹介します。

CAE分野、計算科学分野で活躍の方々の多数のご来場をお待ちしております。

開催要項

開催日:
2007年10月24日(水)

場所:
東京大学工学部11号館1階大講堂
(東京都文京区本郷7-3-1 )
        地図:  http://www.u-tokyo.ac.jp/campusmap/cam01_04_12_j.html

主催:
ADVENTUREプロジェクト (http://adventure.q.t.u-tokyo.ac.jp)

参加資格:
どなたでも参加できます。

受講料:
シンポジウム:無料
技術交流会:1,000円 (一般),  500円 (学生)

申込方法:
締め切り:
2007年10月18日(火)
なお、当日まで参加を受付けますが、席数に限りがありますので、ご不便をおかけすることもあるかと存じますが、その際にはご容赦ください。

申 込 先:
下記のフォームに必要事項を記入の上、シンポジウム事務局(担当:杉本)まで,
メールでお申し込み下さい.

宛先 :


件名:
「ADVENTUREプロジェクト10周年記念シンポジウム」参加申し込み

本文:
Subject : 「ADVENTUREプロジェクト10周年記念シンポジウム」参加申し込み
+++++++++++++++++< 参加申し込みフォーム ここから >++++++++++++++++
ふりがな:
氏 名:
所属機関:
所属部署:
役 職:
所 在 地:〒
E-mail :
電話番号:
技術交流会への参加    有 / 無
+++++++++++++++++< 参加申し込みフォーム ここまで >++++++++++++++++
(記入頂いた個人情報はシンポジウムの運営管理とアフターフォロー、次回以降の
ご案内以外の目的で使用することはありません)

プログラム

-------------------------------------------------------------------
プログラム:
-------------------------------------------------------------------

9:30- 受付

I. 10:00-10:10 開会挨拶
ADVENTUREプロジェクトリーダー
東京大学大学院工学系研究科 教授 吉村 忍

II. 10:10-10:50 ADVENTUREの10年の歩みと今後の展望
東京大学大学院工学系研究科 教授 吉村 忍

III. 10:50-12:10 ADVENTUREの革新キーテクノロジー
バランシング領域分割法
九州大学大学院工学研究院 助教 荻野 正雄

ADVENTURE_IO
日本大学工学部 講師 宮村 倫司

大規模可視化
慶應義塾大学 21世紀COE特任助教 河合 浩志

12:10-13:10 昼休み・デモンストレーション

IV. 13:10-13:50 特別講演「ADVC」
株式会社アライドエンジニアリング 社長 秋葉 博

V. 13:50-14:10 ADVENTUREの普及
株式会社インサイト 代表取締役 三好 昭生

VI-1. 14:10-14:50 未踏の実世界アプリケーション 1
原子炉容器の耐震解析(地球シミュレータプロジェクト)
九州大学大学院工学研究院 准教授 塩谷 隆二

超高層ビルの耐震解析(E-Defenseプロジェクト)
慶應義塾大学 教授 野口 裕久

14:50-15:10 コーヒーブレイク・デモンストレーション

VI-2. 15:10-15:50 未踏の実世界アプリケーション 2
高圧天然ガスパイプラインバースト解析(日本鉄鋼協会共同プロジェクト)
東京大学大学院工学系研究科 教授 吉村 忍

変圧器の電磁熱連成解析
九州大学大学院工学研究院 教授 金山 寛
東京大学大学院工学系研究科 助教 杉本 振一郎

VII. 15:50-16:30 ユーザー事例紹介
株式会社計算工学研究所 社長 小森 宏一
山形県立産業技術短期大学校庄内校 主任講師 小野寺 弘貴

VIII. 16:30-17:30 ADVENTUREの新機能紹介
多点拘束、接触解析機能
日本大学工学部 講師 宮村 倫司

連成解析機能
東京大学大学院工学系研究科 教授 吉村 忍

意思決定支援機能
株式会社インサイト 代表取締役 三好 昭生

IX. 17:30-17:40 閉会挨拶
九州大学大学院工学研究院 准教授 塩谷 隆二

18:00-19:30 技術交流会・デモンストレーション

-------------------------------------------------------------------



| プロジェクト | 出版物 | ソフトウェア | アライアンス | 共同研究 | 適用事例 | 問い合わせ |

Copyright © 1997-2007 ADVENTURE Project, All rights reserved.